姉さん女房のススメ » 婚活コラム » 婚活サイトの年収欄、どう書く?見栄を張らずに成功する方法!

婚活サイトの年収欄、どう書く?見栄を張らずに成功する方法!

スマホを手にとる男性

婚活サイトを利用して結婚相手を探すとき、年収は女性にシビアに見られる項目の1つです。しかし、自分の年収にサバを読んで嘘をついても、いつかバレてしまうでしょう。今回は、婚活サイトの年収欄の攻略ポイントを見ていきます。

婚活サイトの年収欄、真実を書く?

考える男性

もしも実際に年収が高いなら、正直に書けばアピールポイントになりますが、そんなに高くない場合にはどう書けばいいか迷ってしまいがちです。以下では、パターン別に年収欄で起こること説明します。

実際よりも高く書く

女性は、人にもよりますが男性の年収の条件を500万円以上くらいにしている場合が多いです。

こうなると、男性の年収が500万円未満の場合検索に引っかからなくなってしまい、弾き落されてしまいます。そのため、年収を高く見積もって女性の目に留まる機会を多くするパターンです。

実際よりも低く書く

一見、実際よりも年収を低く書くのはもったいないと思いがちですが、高年収であることをアピールすると、お金目的の女性が多数寄ってくる可能性があります。そこで、男性は自分自身を評価してもらうために、年収をあえて低く書くこともあるのです。

本当の年収を書く

女性の中には、年収にこだわらず誠実な男性を検索している人もいるでしょう。このような女性は、男性の人柄を重視しているはずです。

そこで、年収が低くても正直に書けば、その分正直な人だと評価してもらえることもあるかもしれません。

婚活サイトの年収は疑われている

ポーズを決める男性

あるデータでは、婚活サイトに登録している男性の実に3分の1は年収にサバを読んでいるという結果が出ています。そのため、婚活サイトの年収を鵜呑みにすることを危険視する人もいます。

年収を疑う女性は多い

女性は、男性の年収が高いことが好条件になることは自分自身でわかっているものです。そのため、男性が自分をよく見せようと年収を高く見積もっていることも、ある程度想定済みであるとも考えられます。

そのため女性は、たとえ表記上で高年収であっても、デートなどの男性の羽振りで見極めようとする人もいるのです。

証明書提出サイトも多い

安全な婚活サイトでは、実際の年収を証明する書類を登録時に提出させるところもあります。たとえば、確定申告書や給与の源泉徴収票などです。そして、年収欄と実際の書類が照合できれば提出済の印がつき、信頼度が上がるのです。

年収に限らず婚活サイトで成功する方法

プロフィールを書く男性

では婚活サイトを利用するにあたって、年収の額にかかわらず理想の女性をゲットするには、どうすればいいのでしょうか。

自立した女性を探す

女性自身が高収入である、事業を興して成功しているといったように経済的に自立した女性であれば、男性の年収が低くてもあまり気にしないでしょう。むしろ、自分が男性を養ってもいいという女性も存在しています。

家事育児できる男をアピールする

女性が高収入で自立している場合、また共働きを考えている場合には、年収以外に家事や育児を進んで行う男性は魅力的なはずです。そこで、低年収であったとしても家事や育児ができることを積極的にアピールするのがおすすめです。

プロフィールを充実させて親しみを出す

年収で勝負できないなら、人柄を存分にアピールする方向にシフトしましょう。そのために、プロフィールの内容をきちんと充実させて人となりや人物像を示し、共通点や親近感を持ってもらうのです。例をあげると、趣味について共通点があれば、ぐっと親しみやすくなるはずです。

まとめ

明暗を分けるイメージ画像

女性は男性の年収をシビアに見ているとはいえ、婚活サイトではできるだけ偽らないに越したことはありません。

もし自分が低年収であることを気にしているのであれば、それ以外のところで自分のよさをしっかりアピールできるよう、女性に選ばれる努力をすることが大切です。

自宅で婚活ができる!オンライン無料婚活相談実施中

   

無料プランのご登録で
あなたに「会いたい」
というお相手をお探しいたします。