姉さん女房のススメ » 婚活がうまくいかないスペック足りない男性が結婚する方法をアラサー、アラフォー女性に聞きました! » 短気な男性の婚活

短気な男性の婚活

短気はNG!女性からは減点対象

情緒不安定で短気な男性は、婚活で敬遠されがちです。世の女性は短気な男性にどんな印象を抱いているのでしょうか。女性の声を聞いてみましょう。

沙紀さん(24歳)

沙紀さん(24歳)

情緒不安定な男性は一緒にいて疲れる

情緒不安定な男性と一緒にいると、こちらまで訳がわからなくなります。何もしていなくても、いきなり機嫌がよくなったり機嫌が悪くなったりするからです。いつ、どんなきっかけで感情が動くかわからないので一緒にいて疲れます。絶対にないとは言いませんが、このような男性と進んで付き合いたいとは思いませんよね。

沙紀さん(24歳)

佳代さん(25歳)

翔子さん(27歳)

すぐに落ち込む男性は頼れないかな

気持ちのアップダウンが激しい人っていますよね。性格だから仕方ないと思うんですが、自分のパートナーにはしたくないですね。ちょっとしたことで落ち込まれると、フォローしきれないし、困ったときに頼りにできないからです。どんな時でも落ち着いていて、安心できる男性とお付き合いしたいです。

翔子さん(27歳)

美玖さん(30歳)

美玖さん(30歳)

短気な男性はシンプルに怖い

男性のほうが力も強いので、やっぱり怒られると怖いです。だから短気な男性は怖い印象があります。特にスイッチがどこにあるかわからない人。何気なく行動したことで怒鳴られるとパニックになってしまいます。恋愛対象にはならないかな。

美玖さん(30歳)

安定した情緒は結婚の最低条件

多くの女性は情緒不安定な男性や短気な男性に以上のような印象を抱いています。安定した情緒は結婚の最低条件といるかもしれません。なぜ結婚の最低条件といえるのでしょうか。

短気だと夫の顔色を窺って生活することになる

多くの女性は結婚生活に安定を求めています。経済的な安定はもちろん、精神的な安定もです。夫が短気だと精神的な安定は得られません。夫の気分次第で、怒られることや嫌な顔をされることがあるからです。

夫の顔色を窺って生活しなければならないので疲れますよね。人によってはすぐに怒る夫に「暴力を振るわれるのでは?」と考えて、言いたいことをいえなくなる方もいます。我慢に我慢を重ねた結果、夫との別れを選ぶ女性もいるのです。短気な男性と結婚したいと考える女性はほとんどいないでしょう。

感情の起伏が激しすぎるとついていけない

結婚生活の魅力といえるのが、同じ経験をして感情を共有することです。時にはつらい経験もしますが、夫婦2人で乗り越えられれば絆は深まります。結婚相手に同じ価値観を求める方が多いのは、感情を共有したいと考えているからかもしれません。よって感情の起伏が激しい男性は結婚相手として敬遠されがちです。

ちょっとしたことで舞い上がったり、落ち込んだりされると、女性はついていけないからです。自分より喜ばれる、落ち込まれると感情を吐露しづらいということもあるでしょう。感情の起伏があることは当然ですが、ある程度安定していないと女性を困らせてしまいます。

頼りがいがないと思われる

情緒不安定な男性は、環境に影響されやすいといえます。仕事上の些細なストレスやちょっとした人間関係の変化で、動揺するからです。

自分の感情を上手くコントロールできない男性は、女性から頼りなく見えます。どんと構えているとは言いづらいからです。何かあったときに自分よりうろたえている姿が想像できるため、情緒不安定な男性は結婚相手として選ばれづらいでしょう。

短気を直してモテる男性になるには?

以上の理由などから、情緒不安定な男性や短気な男性は、女性から結婚相手に選ばれづらいと考えられます。短気を直してモテるには、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

怒りたいときはひと呼吸おく

情緒不安定あるいは短気と思われる人は、そのときの感情に任せて怒りがちです。スッキリするかもしれませんが、気持ちに任せて怒ると相手との関係性は悪くなってしまいます。

怒りが込み上げてきたときは、ひと呼吸おいてから行動しましょう。一般的に怒りのピークは6秒といわれています。この間を過ぎれば、感情に任せて怒るリスクはグッと下がります。頭を冷やしてから、最善と思える行動をとるとよいでしょう。

自分の価値観を知る

自分の価値観を知っておくことも、短気の改善につながる可能性があります。自分の価値観を知ることで、どういったことで怒る傾向があるかわかるからです。

例えば待ち合わせ時間に遅れることが許せないとわかれば、相手に待ち合わせ時間に遅れないように気を付けて欲しいと伝えることができます。

また一般的な価値基準より許容範囲が狭いとわかれば、腹は立つけど自分のほうがおかしいかもしれないと思うこともできます。自分の価値観を知ることで、自分の感情をコントロールしやすくなるはずです。

2人に関係のない感情を持ち込まない

仕事で良いことがあった、悪いことがあったなど、女性が知らない理由で舞い上がっていたり落ち込んでいたりすると、情緒不安定に映ってしまいます。余計な誤解をさせないために、2人に関係のない感情は持ち込まないほうがよいかもしれません。

気持ちを共有して欲しい場合は、態度で示すのではなく今の気持ちとその原因を言葉で伝えましょう。例えば「仕事で失敗して今日は落ち込んでいる」と伝えれば、女性は慰めの言葉をかけてくれるはずです。「仕事がうまくいって今日はうれしい」と伝えれば、女性は一緒に喜んでくれるはずです。情緒不安定だと思われないように、接し方を工夫しましょう。

感情をコントロールして女性から選ばれる男性に

情緒不安定な男性や短気な男性は、女性から敬遠される傾向があります。疲れる、頼りがいがない、怖いなどと思われるからです。思い当たる点がある方は感情をコントロールしましょう。

怒りが込み上げてきたときは、ひと呼吸おくことで冷静に行動しやすくなります。また自分の価値観を知ることで、許容範囲を広げることもできます。感情をコントロールできるようになれば、結婚相手に選ばれやすくなるはずです。紹介したポイントを参考に、今後の婚活を進めてみてはいかがでしょうか。

自宅で婚活ができる!オンライン無料婚活相談実施中

   

無料プランのご登録で
あなたに「会いたい」
というお相手をお探しいたします。