姉さん女房のススメ » 婚活がうまくいかないスペック足りない男性が結婚する方法をアラサー、アラフォー女性に聞きました! » シングルファザーの婚活

シングルファザーの婚活

受け入れられるかどうかは子どもの年齢による

シングルファザーの婚活は、不利なのでしょうか。20代~40代女性の意見を見てみましょう。

智香さん(25歳)

智香さん(25歳)

今は無理!相手を選べない状況になったら検討

相手が選べないくらいの状況になったら、ようやく選択肢に入るレベル。もちろん、相手の人柄によるけど……。
そもそも子どもが好きじゃないので、子持ちの人は無理!

智香さん(25歳)

彩純さん(37歳)

彩純さん(37歳)

家事手伝いを求めているわけでないならOK

子どもも含めて、自分が相手に深い愛情を捧げられると判断できたのなら問題ありません。
子ども年齢にもよりますが、家事手伝いがほしくて結婚を考えているのでなければ構いません

彩純さん(37歳)

絵美さん(41歳)

絵美さん(41歳)

もう手が離れているなら大丈夫かも

自分の体力的に、小さい子どもは厳しいと思いますが、高校生以上ならなんとかなるような気がします

絵美さん(41歳)

シングルファザーの再婚はなぜ難しいのか

近年、男性の未婚率が上昇していると言われています。

2015年の内閣府の調査によれば、30~34歳の男性の約2人に1人(47.1%)が、35~39歳の男性の約3人に1人(35.0%)が未婚だと言われています。

男性未婚率
女性未婚率
(引用)内閣府「未婚化の進行」

自由に恋愛・結婚ができるはずのシングルの男性でさえ、このような状況なのに(自らの意思で未婚の人もたくさんいますが)、離婚歴があり、子どもがいるというシングルファザーの結婚となれば、さらに難しくなることは容易に想像できます。

実際、シングルファザーの再婚は難しいのでしょうか。

はっきり言うと、答えは「イエス」です。

バツイチ男性はOKという女性でも、「子どもがいないなら」という条件がつくことが多いです。もともと子どもが好きではないという人もいますが、やはり、自分の子どもでも子育ては大変そうなのに、人の子どもを育てられるか不安だったり、子どもが自分になついてくれるかわからない、人の子どもをかわいがれるかわからないという思いが強いのでしょう。

また、「家のことや子どもの世話をさせるために再婚しようとしているのではないか」と考え、シングルファザーに警戒する女性もいます。そもそも、シングルファザーの場合、仕事と子育てで手一杯で時間がなく、両親と同居している人も多いので、男性側に「再婚したい」という気持ちが起こりにくいということもあるようです。

シングルファザーの男性が、いざ婚活をしようとしても、データマッチング式では、シングルファザーであることがわかった時点で、結婚相手としては対象外になることは、非常に多いです。そのため、普通に婚活をしても、うまくいかない可能性が高いのが実情です。

シングルファザー婚活の成否は子どもとの相性次第

シングルファザーの場合、子どもと女性の相性が大きく関係してきます。

相手の子ども次第

最初から「シングルファザーはNG」としているのではなく、まずは相手の子どもに会ってからと考える女性もたくさんいます。子どもと女性が仲良くなれば、女性との距離もグッと縮まるかもしれません。

ひまりさん(28歳)

ひまりさん(28歳)

私は、子どもは好きだけどちょっと無理かも。一緒に遊ぶだけならいいけど、結婚は想像できない

ひまりさん(28歳)

子どもの年齢による

シングルファザーOKという人は、「子どもが小さければ」という人と「子どもが大きければ」という意見に分かれます。「小さいほうがなつかれやすいから」という人と、「子育てはしたくない」という人に分かれるみたいですね。

理由によっては問題ない

バツイチ男性の場合同様、離婚の理由によっては、子どもを自分が引き取って育てていることで、「責任感がある」「頼りになりそう」というイメージを持つ女性もいるようです。

綾子さん(33歳)

綾子さん(33歳)

子どもがいても、ちゃんと育てているのならOK。女性を家政婦代わりにしようとしている人はダメです。
人の子どもを育てたいとは思えませんが、年齢的に子どもが産めるかどうか微妙なので、この先、産めないとなれば、考えが変わるかもしれません。

綾子さん(33歳)

20代~30代前半は難しい、30代後半~40代なら寛容

20代と30代、40代の違いは、最初から「完全に無理」とシャットアウトしている女性が少ないこと。

もちろん、20代に比べて、「チャンスが減った」「選り好みできる立場でなくなった」という意見もあるでしょうが、30代、40代になり、周りに結婚している友だちが増えていくうちに、結婚相手は外見や条件で選ぶのではなく、「その人の本質を見ることが大事なのだ」ということに気づくのではないでしょうか。

社会人として生活していくうちに、人それぞれに、いろいろな事情を抱えているのだということも知り、年を経るとさまざまなことを許容できるようになっていくのではないかとも思います。

シングルファザーの再婚では、何より、子どもの気持ちを優先しなければなりませんし、子どもと相手の女性との相性が重要になってきます。最初はうまくいかなくても、時間をかけていくうちに、少しずつ打ち解けていくこともあるので、辛抱強く待つことも大切です。

自分が産んだ子どもでも子育ては大変なのに、人の子を育てるとなると、それ相応の覚悟と勇気が要ります。その覚悟を持って、接してくれているのですから、子どもはもちろん、相手女性に対しても、きめ細かい心遣いが必要になることをお忘れなく。

ここに
注目!

あなたと子供の家族になってくれる女性がいるかも

再婚のハードルが高めなシングルファザーですが、対象としているお相手の年齢を少し上げるだけで「自分では子供が望めないから」や「自分も子供から手が離れているから」という女性が増えてくるようですね。仲人型のアネ婚のサービスは、お互いのニーズを理解した私たちエンゲージメントプランナーがマッチングをいたしますので、これからの人生を助け合っていくパートナーを探すにはオススメです。

0120-991-762で
聞いてみる

アネ婚エンゲージメントプランナー

アネ婚
エンゲージメント
プランナー
運営者情報を詳しく見る

無料プランへのご登録で
あなたに「会いたい」
という女性をお探しいたします。