姉さん女房のススメ » 現役年下夫に聞く!こんな理由で年上女性との結婚を決めました! » 年上女性と別れて後悔している男の本音とは

年上女性と別れて後悔している男の本音とは

恋愛には、人の数だけさまざまなストーリーがあります。年上女性と付き合った男性の中には、歳の差がひとつの原因になって、別れに至っているケースも…。そもそも世の男性は、年上女性とどんな恋愛をしているのでしょう?

年下夫が年上妻と別れると後悔しそうなことを聞いてみました

悟さん(33歳)

悟さん(33歳)
【妻36歳】

きっちりしている妻だから、別れたら自分がだらしなくなりそう…

家事分担をきっちりしているんです。だから、別れたら自分がだらしなくなってしまいそう。任せていた方の家事は、全然できないだろうな(笑)
料理・洗濯・掃除はおまかせしていて、節約とはいえお弁当も作ってくれていますしね。有料ですけど(笑)

悟さん(33歳)【妻36歳】

恵介さん(43歳)

恵介さん(43歳)
【妻46歳】

自分のテリトリーや時間を持ちたい人は絶対年上女性がオススメ

普段からベタベタされるのが嫌なので、やっぱり年上女性がいいですよね。年下女性と付き合って気づきました、オレ、構ってちゃんが嫌なんですよ(笑)
自分のテリトリーや自分の時間を持ちたいオレは、年上の妻と別れたら絶対後悔するだろうな~。

恵介さん(43歳)【妻46歳】

では、世間の年上女性と別れてしまった男性の事例を見ていきましょう。

付き合って半年くらいで彼女から突然の別れ…

「別れを切り出された当時は、気付かなかったけど、今思うと、僕の過度な期待が彼女の重荷になっていたのかなと。まだ付き合ってそんなに日は経っていない頃から、徐々に彼女の態度が冷めていきました。」(20代前半男性)

こちらは付き合って半年で、年上の彼女にフラれてしまったという男性のケース。付き合い始めは、彼からの愛情が嬉しくお付き合いを始めたのだと思いますが、女性は頼られるばかりだと「お母さんなのかな…」という感情に囚われてしまうこともあります。ふとした瞬間、将来を考えた瞬間に、女性として見られなくなっていくのではないかと考えてしまうことも…。男性に悪気はなくても「彼女が甘えさせてくれるから、しっかりしているから、家事をしてくれるから」そんな気持ちが、年上女性のプレッシャーになっている可能性はあります。

ただし、こちらの男性、なんとこの後反省して、彼女に謝罪! 3ヶ月ほど友達期間を経て、時間をかけて復縁しています。

自分との結婚を真剣に考えていた彼女に気付けなかった…

「彼女は年上でお互いに結婚も意識していた。でも、自分が家事をしない人間だったり、仕事の時間帯が彼女の生活と合わなかったことが原因で、最終的にプロポーズを断られた。どうしてもっとちゃんと彼女の希望を聞いてあげられなかったのか、今は後悔の日々です。」(20代後半男性)

真剣に働く女性こそ、いつ子供を産んで、復帰して、などのキャリアプランについてしっかり考えています。男性も女性も35歳から子どもを授かる能力は落ちてきますので、お互いに子供が欲しいのであればその少し前くらいをリミットとして検討しておくべき。30歳前後の女性と付き合うときは、彼女が口に出さなくても「結婚できるかどうか」を真剣に検討しておかないと、いざ、彼女に三行半を突きつけられてから男性が「結婚しよう」と言っても、覚悟を決めた彼女の耳には届かないことが多いようです。

言わなくても通じてると思った自分がバカだった

「付き合って5年目で、最近は少し仕事が忙しく、会う時間が減り、誕生日もおざなりにしていたら、彼女の方から別れを告げられた。自分は、結婚を考えていただけにショック。年齢的に彼女は将来に不安を感じてたようで、言わなくても通じてると思った自分がバカだった。」(20代後半男性)

こちらは、7歳年上の彼女と交際5年で別れてしまった男性のケース。誰でも、長い期間付き合えば、交際がおざなりになったり、マンネリ化することはありますが、男性、女性に関係なく人は言葉にしないと通じませんし、と親しき仲ほど礼儀が大切。何歳になっても誕生日は祝って欲しいし、気持ちはきちんと言葉で伝えて欲しいもの。小さな不安が積み重なれば、取り返しのつかないことに…ということもあるので、普段からきちんとお互いの気持ちは、伝え合いたいですね。

年上彼女と上手に付き合う方法

年上だからといって、甘え過ぎない!

年上彼女からフラれる原因で最も多いのが、男性側が甘え過ぎていること。家事をやってもらうのが当たり前になっていたり、包容力のある彼女に頼り過ぎていて、女性としての扱いが雑になっているケースも。たとえ、彼女の方からやいやい言ってこなかったとしても、それは大人だからわきまえているだけ。寂しかったり、時には甘えたかったりする気持ちは、年齢問わずに女性は誰しもが、持っているものです。

彼女の結婚適齢期を考えてあげる

もしアナタが20代で30代の女性と付き合った場合、アナタはまだ結婚に余裕のある年齢かもしれませんが、彼女の方はとても真剣に考えています。女性はとくに子供が産めるリミットがあるので、30〜35歳の女性と付き合う際は、彼女と同じように将来のことを真剣に考えてあげましょう。

男性らしさをひとつ持っておく

年上女性を好む男性は、どちらかというと、相手にリードして欲しい人が大半。だからこそ、頼れる男になって!と言われても、性に合わない方もいますね。そういう方は、何かひとつ、自分なりの男性らしさを持っておくのがおすすめ。彼女が悩んでいる時は真剣に話しを聞く(たとえアドバイスができなくても)、誕生日や記念日は盛大に祝う(いつもは奢ってもらっていても)など。女性は、いつもとは違うアナタに頼りがいを感じて、いつまでも寄り添いたいと思うハズです。

年上女性には、がむしゃらにアタックしてみて

女性はある年齢を過ぎると、男性のことを可愛く思うようになります。何が可愛いのかって?顔や仕草だけではなく、一番は、男性の無邪気で真っ直ぐなところ。これから年上女性にアタックする人は、たとえ一度くらい断られようとも、がむしゃらに気持ちを伝えてみて下さい。男性側がしつこいくらいに彼女を追いかける年の差カップルの方が、統計的に上手くいっているように思います。

ここに
注目!

年上女性への甘える範囲、男らしさの見せ方、アドバイスします

女性が一人で30代を生きてきて「結婚したい」と思うとき、それは楽しい時間を過ごしたい、癒やされたいという想いから。そんなとき、立てて欲しいプライドの高い年上男性より、無邪気でたまに男らしいところも見せてくれる年下男性を魅力的に感じることが多いようです。男性も、年下女性と違って「自分一人で頑張らなければ!」と気負わなくていい分、自然体のお付き合いができるようです。長い人生を自然体で一緒にいられるパートナーを探してみませんか?

0120-991-762で
聞いてみる

アネ婚エンゲージメントプランナー

アネ婚
エンゲージメント
プランナー
運営者情報を詳しく見る

自宅で婚活ができる!オンライン無料婚活相談実施中

   

無料プランのご登録で
あなたに「会いたい」
というお相手をお探しいたします。